自分の自信のなさから動き出せなくなった時、私が取った策。

コーチング

『量は質に転換する』

こう言われると、『わかるわかる!』

と思われるでしょう。

でも、実際やってみると、

これがなかなか難しい事に気づくと思います。

というのも、人間には不安があります。

ある程度、形になっていないと、

しっかり計画を立ててから、

資格を取ってから、

など、やり始めるまでにもいろいろな思考の

葛藤に出会うのではないでしょうか?

しかし、大事なのは経験の中で学んでいくという事です。

学校の中で習っていることには答えがあるので、

答えにたどり着こうという行動になると思いますが、

一度社会に出ると、

ビジネスの事に関しては特に

答えというものはありません。

リサーチは大切な事ですが、

とにかく進む方向が決まったら、

まずは動き出してみなければなりません。

全く同じ人間がいないように、

環境も、シテュエーションも、タイミングも違います。

つまり色々な要素から、やってみて、そこからフィードバックを受けて

改善する事でしか成功がないです。

ですので、

初めからうまくやろうとしない事です。

うまくやるために割いた時間は有効でしょうか?

もしかするとその時間は的を外れているかもしれません。

つまり、やってみる事でしか改善して言えないという事です。

そして、そのやってみた結果から得られる成果が

とても大切になるという事です。

周りからどう見られているかばかりが大事で

時間ばかり過ぎてしまうのは時間の無駄になってしましす。

実力がないのに、格好ばかり気にかけているのではなく、

『失敗』と取りにいく感覚が大切です。

まず実行すること、それからたくさんの事が見えてくるのです。

才能があるかないかは

量をこなさない限り見えてきません。

どんな成功者も成功からは始まりません。

必ず失敗を繰り返し、失敗した原因を改善しながら成長していきます。

やればやるほど、成果は嫌でも身についていきます。

量は絶対に嘘をつかないという事です。

恥をかくほど、人は悔しさを覚え、真剣に考え始めます。

そして、どう改善するのかを真剣に考えていくから成長していくのです。

『失敗』とは成功するためのステップなのです。

私たちは失敗から学ぶ事の方が多いんですね。

自分の手にしたいものが成功だったとします。

でも、失敗を手にしてしまった。

違うものを手にしただけ何です。

違ったものを手にしたのなら、また成功を取りに行けばいいのです。

そう思う事で、次のステップへ進む事ができる。

うまく行かなかった結果を

やっぱり私にはできないんだと、

能力・才能がないと思う必要は全くありません。

成功するための『学び』だっただけですから。

成功をしようと思った時、

思考の解釈の仕方で、より良い結果を得る事ができるます。

解釈の上手い人の思考をインストールして、

思考の焦点を変えていく事が大切です。

 

コメント