コーチングを学んで『在り方』に気づく

コーチング

失恋

私は結婚したいと思っていたし、

そう一緒に話していた人に振られました。

その傷は思った以上に深く、

回復するのに2年もかけてしまいました。

楽しいことが大好きなはずの私が

こんなハッピーじゃない気持ちのまま

2年も過ごす事になるなんて、本当にもったいない!

そうは思っても、心の傷って簡単に癒せないんですよね。

自分に自信がなくなってしまって、

次の出会いにも心の底から乗り気になれない。

チャンスを失う事にまでなってしまって。

よく本には次の恋にいった方がいいとか、

忘れるために打ち込めるものを作るとか、

自分をもっと磨いてとか、

他人は言いますけど・・・

簡単じゃないんですよね。

それでも、私なりにもがきながら少しづつ見えてきたのは

本を読む事です。

本からの学び

40代にもなるとなかなか恋愛のことで人に相談しにくくなります。

周りは恋愛のことはとっくの前に終わっていて、

家族との関係性の話題に変わってきますから。

ということで、私は最終的に本に恋愛の問題解決の

糸口を見出そうとしました。

それに、本を読んでいる時は本に集中できるので

過去のことを考えなくて済みます。

それに100%自分原因説の本を読んでいく中で

気づいたのは、思考が現実化するということ。

そして、思考(潜在意識)は1人称でしか考えられないということ。

つまり、相手に対して嫌に思うことも、

それは自分に対していっている事になってしまうので、

相手が不幸になればいいと思ってしまうと

自分が不幸になってしまうという事です。

これっておそろしいですよね!

今まで、よく人や本は失恋したら自分を磨く、

復縁についての記事でも

自分が変わらないと復縁はできない

なんて書いてあったり、

自分をもっと磨いて、素敵な女性になる!

なんて方法論としては書いてあることが多いと思います。

私は今まで、

これらのことってあんまりピンときていなかったんです。

やっぱり自分が好きだし、

自分を好きになってくれる人を探せばいいんじゃんって!

でも、コーチングを学んで、『在り方』について学ぶと

ちょっと『焦点』が変わってきました。

つまり、相手が変わればうまくいくとか

そういうことじゃないってことです。

メイクをしたり、お化粧が上手になったり、細くなったり

外見がよくなればうまくいくってことじゃないという事です。

『在り方』何ですよ!

私はやっとこの事に気づきました!

『在り方』が望む人生を現実化するのにどれだけ大切か!

それは恋愛だけに限らず、

仕事、人間関係、生き方全てにおいて、

この『在り方』を考えられるかどうかが

望む現実を手に入れられるかそうでないかの

違いを生み出していたんです。

もちろんもうこの考えができていて、

人生が上手く言っている人ももちろんいます。

でも、もし、今自分の人生が上手くいっていない、

満たされていないとおもむなら、

改善する余地は『在り方』にあるという事です。

『在り方』のポイントは10つあります。

これから、その10の『在り方』について

書いていこうと思います。

 

 

 

 

コーチング
creator40をフォローする
ありのままのあなたが愛される自分発見・恋愛コーチCHIHOのブログ

コメント